「未来」は「今」を頑張る原動力

今日のひとこと
スポンサーリンク

 

どうも、もりりんです

 

今日は、僕が好きな時間の考え方について紹介します

 

この時間の考え方の方が

過去に縛られず、今を楽しく生きられるようになると思います

 

 

少し、哲学っぽいお話ですがお付き合いください

 



時間は「未来」から「過去」に進む

 

時間は「未来」から「過去」に進んでいる

 

この考え方を知ったのは

1年前くらい?に英語の勉強としてみていた

youtube動画でした

ようやく「過去分詞(P.P.)」の正体を、理解させてしまう動画。

 

前々から、なんとなくは思っていたのですが

同じような考え、それを言語化した動画に出会えてびっくりでした

 

このyoutube動画を投稿するがっちゃん

冒頭にあるように

韓国に住む、ごく普通の韓国人みたいです笑

 

日本人向けの英語学習コンテンツを提供しています

 

英語の単語のイメージだったり、英語的概念そのものだったりを

分かりやすく説明してくれるので

個人的に腑に落ちる感じがして好きです!

 

僕はかなり初期から見ていてお世話になってます!

 

 

話を戻しますが

普通、時間は

「過去」から「未来」に進む

と考えます

というか、そうです

 

でも、これは「ヒト目線」で

もし、「時間目線」で考えてみると

 

「未来」から「過去」に進んでると思うはずです

 

言語的にも

「クリスマスが今年もやって来る」って

時間目線で言ったりするときありますよね!

 

 

仮に

「未来」から「過去」に進んでる

と考えると

 

「今」を過ぎた「過去」は

もう今とは関係のない切り離されたものだ

考えることができると思います

 

「過去」の積み重ねがあっての「今」と考えてしまうと

どうしても、過去の失敗を

今に引きずってしまうということをしてしまいがちです、、、

でも結局、過去のことは変えられないので

考えるだけ無駄だと思いませんか、、、

 

それよりは自分で変えられる「今」にフォーカスしたいですよね

 

時間は「未来」から「過去」に進んでいる

こういう考えもあると思うだけでも

前向きな気持ちになれるんじゃないかと思います

 



「未来」は「今」を頑張る原動力

 

逆に

時間が「未来」から「過去」に進むと考えたとき

 

未来はすでに決まっているのか?

と思ってしまいます

いわゆる「運命」的な

 

こうなると

「運命」決まってるなら

頑張ってもしょうがない

 

そう思ってしまうかもしれません、、、

 

でも、誰もその「運命」がどうなのかは分かりません

 

もしかしたら、「今」頑張るのも

「未来」から決まっていた「運命」なのかもしれません

 

どうせ、どうなるかも分からない人生なら

自分の理想の人生を思い描いて生きていくのも

悪くないんじゃないかなと思います

 

がっちゃんの動画でも言われてたように

 

「出来る前提」で未来を設定し

未来を原動力にして今を生きる

 

楽しい未来を想像して生きていきたいですね!

 



まとめ

 

  • 時間は「未来」から「過去」に進んでいる
  • 未来は「今」を頑張る原動力でしかない

 

自分の人生観のようなものを

だらだら話してしまいました、、、

 

そんな考え方もあるのか

ぐらいにでも思ってくれたら嬉しいです

 

みなさんの思う人生観も知ってみたいですね!

いろいろな価値観に触れたいです

 

以上、もりりんでした

コメント

タイトルとURLをコピーしました