ミニマリストは目的ではなく手段

ミニマリスト
スポンサーリンク

 

どうも、もりりんです

 

今日は、前回の続きな感じで

ミニマリストについての誤解を払拭したいです!

 

良かったら前回のブログもご覧ください!

ミニマリスト = 自分にとって「最小限」 | もりもりもりりんのブログ (morimorimoririn.com)

 

ミニマリストって

ミニマリストになることが大事なのではなくて

ミニマリストになったその先が大事なんです

 

どういうことかというと

ミニマリストは

幸せになる「手段」なんです

 

いろんなミニマリスト方々の動画や

自分がミニマリストを目指してみて

実感しました

 

どうしてミニマリストになると幸せになれるのか

その理由を説明します!

 



自分が満たされる最低限の生活水準を理解できる

 

「ミニマリストになるべき」と断言できる土台となるのが

この

自分が満たされる最低限の生活水準を理解できる

だと思っています!

 

例えば、

年収が上がったら、その分生活水準を上げてしまう人がいるとします

生活水準に上限がありますか?

ないですよね、、、

 

そして、上には上がいるわけで

自分よりももっと生活水準が高い人がいれば

比べてしまって

自分はまだまだだ、もっともっと!

と、歯止めが利かなくなります

 

これは、

自分の基準ではなくて他人の決めた基準

自分を判断してしまっている結果です

 

そして、

果たしてこの人は満たされているのでしょうか、、、

満たされていないですよね、、、

そしておそらく一生満たされることはないですよね、、、

 

つまり、

生活水準が高い=「幸せ」ではない、、、

 

結局、生活水準を高めたいと思うのは

他人への「見栄」でしかない

 

だから、他人と比べるんじゃなくて

自分が満足する生活水準を知ることこそが

幸せになる方法になるわけです

 

ミニマリストは

自分にとって必要なもの、好きなものだけ残し、要らないものは捨てる

自分に無いものではなく、今有るものにフォーカスする

ということすることで

自分が満たされる生活水準がどれくらいなのかを理解できます!

 

これでとりあえず「幸せ」確保です!笑

 



失う怖さが小さくなる

 

自分が満たされる生活水準を把握すると

おそらく、意外に低い生活水準でも自分は満足できているんだ

ということに気づきます

 

憲法の言葉を借りると

自分なりの「健康で文化的な最低限度の生活」

 

これを理解すると

未来のお金への不安が緩和されます

 

つまり

最低月いくらあればストレスなく暮らせるのかが分かっているので

年収が減るといったピンチが来ても冷静に対応できるようになります

 

先ほど例に出した

年収が上がれば、生活水準を上げてしまう人にとって

そもそも、一度上がった生活水準を下げるということは難しいし

底を知らずに来てしまっているので

年収が下がることに漠然とした不安が生まれて

今の生活を失うことが死ぬほど不安になる

 

漠然とした不安があるから

仕方なく働くといった

ネガティブな気持ちで働かざるをえなくなります、、、

 

これも、幸せとはいえない、、、

 

反対にミニマリストは

満たされる生活水準を理解しているから

お金に縛られずに仕事ができる

 

要は、挑戦することのハードルが下がる

そして、好きな仕事、やりたい仕事を選択することができるようになります!

 

仕事が楽しかったら、人生の幸福度が高くなるのは当然ですよね!

 



やりたくないことを捨てて、やりたいことをできる

 

ミニマリストの

「より少なく、しかしより良く」

というマインドは

物だけではなく、

人生にも使えて

これが、さらなる「幸せ」をもたらします

 

つまり、

自分をネガティブにするもの(やりたくないこと)を捨て

ポジティブなもの(やりたいこと)だけで生活できる

 

やりたくないことをしないといけない

ってストレスですよね

 

これは、日本人特有なのか分かりませんが

なんとくなく

やりたくないけど我慢してやっている

のが美徳というか

えらい、頑張っている

と思われます

 

でも、冷静に考えて

やりたくないことは、やらなくて済む方が良いですよね笑

ストレスや悩みがない方が、幸福です

 

だから、

やりたくないことがやらなくて済むなら迷わず捨てる

ミニマリストの神髄です

 

例えば、僕の場合は「掃除」

ほこりが溜まるのが嫌いで

掃除しなきゃと思うけどエネルギーを使うしめんどくさいし

サボったらサボっただけほこりが溜まって

自分ってだめだなー、、、

と、ネガティブになります、、、

 

僕にとって掃除は、ネガティブにならないための行為で

幸福になるものじゃないな、

やらなくて済むならやりたくないと思いました

 

そこで、お掃除ロボット「ブラーバ」を買って

日々のお掃除をやらないと決めました

 

結果、掃除という概念が自分の頭の中から消えて

別のもっと大事なことにより集中できるようになりました!

 

QOLが爆上がりです!笑

 

ブラーバは本当におすすめです!

ブラーバを買って人生変わった話 | もりもりもりりんのブログ (morimorimoririn.com)

 

やらないことを決め、

どうしたらやらなくて済むかを考え

そうしてできた時間をやりたいことに使う

 

やりたいことに集中できるので

人生幸せになります

 



まとめ

 

以上まとめると

ミニマリストが幸せになる「手段」である理由は

  • 自分が満たされる最低限の生活水準を理解できるから
  • 失う怖さが小さくなるから
  • やりたくないことを捨てて、やりたいことをできるから

 

ひとことで言えば

ストレスや不安を無くし、自分がポジティブになれるものだけに集中できるから

 

どうですか、

ミニマリストってメリットしかないやん!

って思いませんか?笑

 

実際、メリットしかないと感じます

 

以前読んだ

「エッセンシャル思考」という本は

ビジネス向けの本ですが

ミニマリズムの考えがふんだんに盛り込まれているのでおすすめです!

気になる方は読んでみてください!

 

今日もご覧いただきありがとうございました!

以上、もりりんでした

コメント

タイトルとURLをコピーしました