お金

我が家の貸借対照表を作ってみよう!の回

 

どうも、もりりん(@moririn_minimal)です

 

3月といえば

年度末ですね!

 

おそらく多くの会社の経理が

大変なことになっているでしょう、、、

 

いわゆる決算整理、財務諸表の作成です

 

これは

  • 納税額の決定
  • 経営状況の把握

のためにやらなくてはならないことです

 

 

自分経理じゃないし関係ないわ!

と思ったそこのあなた!

 

ここで1つの家庭を考えたとき

家計の状況を把握したいとき

この財務諸表が役に立ちます!!

 

今回は

我が家の貸借対照表を作ってみよう!の回です

 

我が家って優良家計なのかしら、、、

そんな不安を持っている方は

ぜひ最後まで読んでみてください!!

 

貸借対照表とは

 

貸借対照表とは

簡単に言えば

その時点での財務状況を示すものです

 

今、資産がいくらあって

逆に負債がいくらあるか

これらを把握するのに役に立ちます

 

こちらは、簡単に作った貸借対照表です

左側に資産

右側に負債・純資産

が書かれます

右の合計と左の合計は必ず一致するようにできています

 

図だけ見せられてもあまりピンとこないと思うので

この貸借対照表の右と左が何を表しているか、一言でいうと

 

今ある資産(左)を手に入れるのにどのような資金調達(右、借金や利益など)をしたか

 

っていう感じです

 

この貸借対照表を見れば

この会社、借金多いな、、、大丈夫か?

みたい感じで会社が優良かどうかの判断材料として使えるわけです

 

  • 貸借対照表は「ある時点での財務状況」を示す
  • 左側に資産、右側に負債・純資産を書く
  • 今ある資産(左)を手に入れるのにどのような資金調達(右、借金や利益など)をしたか

 

 

これを家計に応用します!!

 

スポンサーリンク

家計の貸借対照表を作るにあたってやるべきこと

 

では、我が家の貸借対照表を作成するために

必要な情報を集めていきましょう!

 

家計であれば、主に4つの情報が必要です

  • 現金、口座残高
  • 換金できそうな資産
  • クレジットカード利用残高
  • 借金

 

現金、口座残高の確認

今持っているお金をすべて洗い出しましょう!

  • 現金
  • 銀行口座
  • 証券口座
  • 仮想通貨
  • paypayの残高

等々、

楽天ポイントなども現金みたいなものなので入れちゃってもいいかもしれません!

 

換金できそうな資産の把握

家の中にあって、

もし売ったらお金になりそう!

という物を探してみましょう

 

そして、例えば

「メルカリ」で売るとするといくらぐらいで売れそうなのか

メルカリで調べてみて自分でその物の資産価値を決めてみましょう

 

もし、持ち家や車などを持っている場合は

不動産会社や中古車買い取りなどに査定を依頼してみるのが良いかもしれません

 

このあたりは両学長 リベラルアーツ大学 – YouTubeが詳しく解説していた気がします!

 

クレジットカード利用残高の確認

負債もしっかりと洗い出しましょう!!

 

ほとんどの方はクレジットカードを利用しているかと思います

 

持っているすべてのクレジットカードの利用残高を確認します

 

借金の把握

カーローン、住宅ローンの残債額などが主かと思います

 

僕なんかだと奨学金の返済額があります、、、

 

スポンサーリンク

もりりんの貸借対照表(3/2時点)

 

さて、必要な情報も集まったので

実際に貸借対照表を作ってみます

 

左側に資産

右側に負債

を書いていきます

 

純資産は

(資産の合計)ー(負債の合計)

から算出します

 

僕の場合こんな感じになりました!

 

詳細は省き、およその額で書きましたが

割と赤裸々笑

大丈夫かしら笑

 

割とビビりなので

換金できる資産はメルカリの相場より少し低めで設定しました

 

この貸借対照表を見ればわかりますが

純資産がマイナス

赤字家計になっています、、、

 

つまり、今ある資産を全て売り払っても

借金が返済できない状況、、、

 

 

奨学金のせいです、、、

修士課程2年間と博士課程1年間分

 

無利子なだけまだましですが

学振が取れてなかったらさらに膨れ上がっていたと考えると

恐ろしすぎる、、、

 

多くの学生が博士課程に進みたがらない理由が良く分かりますね、、、

 

 

こんな感じで

貸借対照表を作ることで

今の自分のお金の状況がはっきりすることができます!!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

以上、「家計管理のために貸借対照表を作ってみよう!」の回でした

 

僕の場合、普段から家計簿をつけているので

割と簡単に作成することができました!!

 

こうやってしっかりと数字を出して

借金がいくらあるかとかを把握するのは

心が痛みますが、、、

 

でも

知らずに過ごしていると後々取り返しのつかない事態になるかもしれません、、、

 

少なくとも

1年に1回

こうやって貸借対照表を作って

家計状況を把握していこうと思いました!!

 

みなさんの家計は優良家計ですか??

 

ぜひみなさんもやってみてください!!

 

今日もご覧いただきありがとうございました!

以上、もりりんでした

ABOUT ME
もりりん
1995年10月生まれ。京都在住の研究者を目指す大学院生。ミニマリストになってやりたいことだけに集中したい。