究極のモノの捨て方をやってみた

ミニマリスト
スポンサーリンク

 

どうも、もりりんです

 

「ミニマリスト」という存在を知って

約半年が経ちました

 

半年前と比べてみると

かなりモノが減ったし

生活スタイルも変わったなーと

自分でも驚いています笑

 

モノを手放していくにつれて

モノへの執着もだいぶ無くなりましたし

捨てるハードルも低くなりました

 

 

現状、

今持っているものはとりあえずは

「必要なモノ」認定をしたものだけになりました

 

ただ、

まだ手放せるものがあるんじゃないかと思いつつ

どれが要らないものか

を判断するのが難しくなってきました、、、

 

 

そんななか、youtube動画で

使えそうなモノの捨て方を見つけました!

 

それを実践したら

さらにモノを捨てることができました!

 

今日は、その実践した

「モノの捨て方」

をご紹介したいと思います

 

想像で家にあるものを書き出す

 

見たyoutube動画はこちらです

 

究極のミニマリスト

[トップミニマリスト]

として活躍中の

TOKUNOさんの動画です

 

TOKUNOさんは

今は自身の会社の社員さんとシェアハウスをしているのですが

 

過去に家を手放し車生活をするほど

徹底的にモノを減らした究極のミニマリストです

 

持ち物は50個ほどで

衣服以外は全てカバン一つに収まってしまいます

 

 

そんなTOKUNOさんが紹介していたモノの捨て方は

 

「想像で家にあるものを書き出す」

 

という方法です

 

 

この方法は結論、何が言いたいかというと

持っているのに、思い出せないものって要らないもの

ということです

 

なかなかに究極です笑

 

でも、

「持っているモノひとつひとつに愛着を持つ」

を目標に掲げている僕にとっては

有効な方法だと思いました

 

試しにキッチン回りのモノを

想像で書き出してどうなるか

やってみました!

 

 

【結果】

さすがに結構整理しただけあって

ほとんどのモノを書き出せてしまいました笑

 

ただ、書き出してみて

 

包丁としまってあるところが違う

「折り畳みの小型ナイフ」があったんですが

別に要らないなと思って手放すことができました

 

他には

グラタンはたぶんほとんど作らないし

グラタン皿も要らないか

 

キッチンシートなんかほぼ使ってないし

いったん捨てよう

 

という気づきもありました

 

やっぱり

見渡すだけじゃなくて

書き出してみることで

必然的にひとつひとつのものにフォーカスを絞って

考えることができるようになるので

 

いるかいらないかを

吟味しやすくなったように思います!

 

他の場所でも同じようにやって

最終的には

自分が所有しているものが何個なのか

数えてみたいなと思いました!

 

いきなりこの方法をやるのは難しいと思うので

もう捨てるものがないと思ってきたら

やってみることをおすすめします!

 

 

以上、もりりんでした

コメント

タイトルとURLをコピーしました