もう悩まない 「反応しない練習」

ストレスフリー
スポンサーリンク

 

どうも、もりりんです

 

突然ですが、

みなさん悩んでいないですか?

 

ほとんどの人は何かしらの悩みを抱えていると思います

 

悩みを無くしてストレスフリーに生きたい!

僕の願いでもあります

 

そんな願いを叶える方法があるということ

ある本を読んで学ぶことができました!

 

「反応しない練習」という本です

 

表紙に

「あらゆる悩みが消えていく
ブッダの超・合理的な考え方」

 

とあるように

仏教の祖、ブッダ(お釈迦様)の教えです

 

ちょっと宗教とかスピリチュアルな感じの話?

と思うかもしれませんが

全く違います

 

ブッダは

あらゆるものを「捨て」悟りを開いた

究極のミニマリスト

といっても過言ではありません

 

そしてこの本に書かれていた方法は

合理的で日常生活で即実践できるような方法で

目から鱗でした!

 

今日はこの「反応しない練習」に書かれていた

悩みを消す方法を紹介します!

 



まずは「悩み」を「理解」する

 

まずブッダの教えを引用します

生きることには「苦しみ」が伴う。

苦しみには「原因」がある。

苦しみは「取り除くことができる」

苦しみを取り除く「方法」ある

 

すごく単純ですよね

つまり、

悩みには「理由」があって、その悩みの「解決策」がある

 

そんなの当たり前では?

と思った人もいるかもしれません

 

ただ、日常生活を思い出してみると

ただ漠然と将来を不安に思ったり

なんかモヤモヤするなー

といった

何に悩んでいるのかもよく分かっていないことがありますよね、、、

 

だから悩みを解決するにはまず

悩みを「理解」すること

が大切なんです

悩みを理解すればおのずと解決策が浮かんでくるということです!

 

悩みには「理由」があって、その悩みの「解決策」がある

 



悩みとは「心の反応」

 

そもそも、「悩み」とはなにか?

 

それは

人間の「欲」に基づいた「心の反応」です

 

「心の反応」とは何かというと

 

相手に嫌な態度をとられてイライラする

他人に嫌われていないかと不安になる

といったように

 

起こった物事について心が反応している(何か考えてしまっている)状態です

 

そして、人間には7つの欲があると言われていていて

  • 生存欲(生きたい)
  • 睡眠欲(眠りたい)
  • 食欲(食べたい)
  • 性欲(交わりたい)
  • 怠惰欲(ラクをしたい)
  • 感楽欲(音やビジュアルなど感覚の快楽を味わいたい)
  • 承認欲(認められたい)

 

これらの欲に突き動かされて「心が反応」し

 

欲求が叶ったときには喜びが

叶わなかったときには不満が生じる

 

つまり、

満たされないときの心の反応が「悩み」です

 

特に、現代人において

「承認欲」が満たされないことで

満たされない心の反応を起こしてしまっている場合が多いとのこと

 

このような心の反応を正しく理解し、

そもそも「反応しない」ように行動を取れるようになれば

あらゆる悩みが消えていく

悩みのない生活を実現できるというわけです

 

  • 悩みとは、満たされない「心の反応」。
  • 悩みを消す方法は「反応しない」こと。

 



「反応しない」具体的な方法

 

ここからは、

「心の反応を止める」

具体的な方法を紹介していきます

 

  • ココロの状態を言葉で確認する
  • 頭の中を分類する
  • 判断しない

 

こちらの3つについて紹介します!

 

ココロの状態を「言葉」で確認する

 

心の状態を言葉にして確認するという方法です

つまり、

「今、反応した」と言葉にしてみる

 

例えば

イライラした時には「今、イライラしている」

緊張している時には「今、緊張している」

というように

言葉に表して客観的に確認します

 

言葉にして反応した状態に気づくことで

自然と心の反応を鎮めることができます

 

実際にやってみると分かりますが

かなり効果があります!

 

頭の中を分類する

 

言葉で確認した心の状態を

3つに分類します

  • 貪欲
  • 怒り
  • 妄想

 

「貪欲」は、過剰な欲求に駆られている状態

求めすぎていないか?

自分に問いかけてみましょう

 

「怒り」は、不満・不快を感じている状態です

怒りは人を幸せにしてくれません

 

「妄想」は現実には起きていない頭の中だけのことです

「悩み」はほとんどの場合、妄想です

「今、妄想していた」と言葉で確認してリセットしましょう

 

これによってさらに心の状態を確認出来て

心の反応を止めることができます

 

判断しない

 

人が悩んでしまう理由の1つに

「判断しすぎる心」

があります

 

「判断」とは「決めつけ」「思い込み」です

 

実際に現実に起こっていないことはすべて「妄想」で

「妄想」から「判断」しているにすぎません

 

「自分はダメだ」「失敗した」「ついていない」というのも、自分で「判断」したこと

「自分は正しい」「相手は間違っている」というのも「判断」しているにすぎません

 

判断は、頭の中にしか存在しないから妄想である

個人的にこの本で1番、目から鱗の言葉でした!

 

判断していい基準は

真実であり、有益であること

それ以外は、判断しても意味がないと考えるべきです

 

  • ココロの状態を言葉で確認する(今、反応した)
  • 頭の中を分類する(貪欲、怒り、妄想)
  • 判断しない(判断は妄想)

 



まとめ

 

「反応しない練習」のほんの一部を紹介させていただきました!

 

どうだったでしょうか?

 

悩みの原因を知ることができれば
悩みは自然と消えていく

ことが分かりました!

 

この本に出会えて本当に良かったと

自分の求めていた本はこれだったと

読み終えたあと本当に思いましたね

 

悩みを無くして楽に生きたい!

と思っている人にぜひ読んでもらいたいです!

 

 

最後にミニマリストっぽい言葉が

この本にも書かれていたので紹介させてください

 

「気づく」ことは「手放す」ことのきっかけ

気づかなければ捨てることはできません!

 

今日もご覧いただきありがとうございました!

以上、もりりんでした

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました