「モノ」より「経験」にお金を払う

ミニマリスト
スポンサーリンク

 

どうも!

もりりんです

 

今回は、ミニマリストしぶさんのこちらの動画を参考に

 

「モノ」より「経験」にお金を払う

 

についてお話ししたいと思います

 

つい無駄なお買い物をしてしまう、、、

でもやめらない、、、

 

そんな人に届いてほしい内容です!

 

「経験」が人生の幸福度を上げる

 

かく言う僕は最近までは

本当に物欲だらけでした、、、

買ったものの全然使わないなんてこともいっぱいありました

 

ミニマリストを目指そうと

家の片づけをしたときに

なんで俺こんなもの買ったんだ?

と思うものがたくさんありました笑

 

動画でも言われていましたが

自分の思い出を振り返った時に

昔持ってたものを思い出すことって

ほとんどないように思います

 

友達と行った旅行や

高校の文化祭

好きなアーティストのライブ

といった「経験」が思い出として残っています

 

また、「モノ」の場合

「モノ」そのものというよりは

「モノ」を使った「経験」を思い出す気がします

 

例えば、自転車だったら、

自転車そのものを思い出すというより

めっちゃ転んだけど初めて自転車に乗れたときは嬉しかったなーとか

高校からの帰り道に友達とあんなこと話したなーとか

 

いろいろな経験の方が思い出されますよね

 

つまり、この思い出が人生の幸福度を上げるわけで

モノ自体が幸福度を上げるわけではないということです

 

「モノ」は一時の幸福

「経験」は一生の幸福

これを知っておくと人生がより楽しくなるかもしれません!

 

「モノ」を買う基準

 

「モノ」より「経験」の方が価値があることが分かったと思います

 

じゃあ、「モノ」の場合、どういうものを買えばいいんだ?

そう思った方もいると思います

 

「経験」ということから考えると

僕的には、「モノ」を買う基準は2つあると思います

 

1つ目は

  • 自分の時間を増やすモノ

です

「経験」には「時間」を要します

日々の生活に追われて「経験」に使う「時間」が取れなかったら

「経験」にお金を払うこともできません

 

例えば、「お掃除ロボット」なんかは

自分を掃除から解放し、時間を増やします

 

1日24時間と限られた中で

どれだけ自由な時間を生み出せるか

 

充実した人生を送るために必要な要素だと思います

 

少し話は変わりますが、「時間」でいうと

 

「モノ」は「時」なり

 

という考え方も大切です

過去に書きました。気になる方はご覧ください!

「モノ」は「時」なり | もりもりもりりんのブログ (morimorimoririn.com)

 

 

 

2つ目は

  • 経験を得られるモノ

です

 

ダイレクトに経験を得られるモノは良いと思います

 

良い例は「本」かなと思います

本には、先人たちの「経験」が詰まっています

本から学び、生活で実践することは

人生を豊かにしていきます

 

僕も最近は意識して本を読むようにしています

 

 

まとめ

 

以上、

「モノ」より「経験」にお金を払う

ということに関してお話ししました

 

「経験」は頭の中に残る一生の思い出となります

 

「経験」にとことんお金をかけられるように

不要なモノは買わないようにする

 

死の間際の走馬灯に

たくさんの思い出が蘇って

「いい人生だったなー、、、」

 

そんなふうに思える人生にしたいですね!

 

今日もご覧いただきありがとうございました!

以上、もりりんでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました