簿記3級合格のコツ

簿記
スポンサーリンク

こんにちは。もりりんです。

今回は、先日簿記三級に合格した僕が

簿記3級で理解するべきポイントについて教えたいと思います!

 

これが分かればすぐに合格できる!

 

とは言い切ることはできませんが笑

そのほかのことは演習しながら身に着けていけば十分だと思います

 

簿記の基本やポイントについて解説していきます。

本当にざっくり言ってしまうと、ポイントはたった2つです。

  • 簿記は貸借対照表と損益計算書を書くためのスキル
  • 仕訳は資産の増減に注目する

 

これだけです笑

いけそうな気がしませんか?

 

それではさっそく解説していきます!

 

まずは、そもそも「簿記とはいったい何なのか」について、説明します。

 

簡単に言うと、簿記は、「帳簿記入」の帳「簿記」入

つまり、帳簿に記入できるようになるためのスキルです。

具体的には、会社のお金に関する情報を帳簿にまとめて管理することができるスキルです。

 

「簿記は、会社の家計簿をつけるスキル」といえば、親しみが持てませんか?笑

 

株式会社となれば、株主(オーナー)がいて

その人たちに、今の財務状況はどうなのか、今期の利益はどれほどだったのか、正確に明示しなければなりません。

そこで、日々のお金の流れ

いつ、なにに、いくら使ったのか、

何が売れていくらの売り上げが発生したのか

といったことを書き溜めていきます。

これを「仕訳」と言います。(仕訳についてはあとで解説)

 

この仕訳をもとに、作成するのが

貸借対照表損益計算書です!

大まかにはこんな感じの表

 

ある時点での財務状況を示すのが貸借対照表(B/S: バランスシート)
ある期間の経営成績を示すのが損益計算書(P/L: プロフィット&ロス)

 

貸借対照表は左側(借方と呼ばれる)に資産、右側(貸方と呼ばれる)に負債純資産が書かれ、左右で合計が揃うようにできています。

イメージとしては、今持っている現物(資産)をどのような元手で手に入れたか(負債、純資産)が書かれていると考えると良いかと思います。

 

損益計算書は借方に費用、貸方に収益が書かれ、その差額が利益または損失として記入されます。これも左右の合計が合います。

簡単な図にまとめました

ここまで、理解できましたか?

借方、貸方ってどういう意味?って感じですが、これは僕も調べましたが、結局調べたところでしっくりきませんでした笑

左は借方、右は貸方という名前だと覚えておけば十分です。

 

では、次です。

これら、二つの表をミスなく完成させるために必要なのが仕訳です。

先ほど、軽く説明しましたが、

いつ、何にお金を使ったのか、いくらの売り上げが出たのか

のようなお金の流れを記録するものです。

 

家計簿をつけている方なら、

「スーパーで食材費として現金で2000円支払った」

みたいな感じでいつもしているアレと同じです。

 

ただ、家計簿の場合は、支出として一つの記入で済ましますが

簿記の場合は、「費用の発生」「資産の減少」2つの観点で捉えます。

 

仕訳では先ほどの例はこのように書きます。

 

借方には食材費という「費用の発生」が、

貸方には現金という「資産の減少」が記入されます。

 

もうひとつ、例を考えてみましょう。

「商品の売り上げとして、現金5000円を受け取った」

こうなります。

借方には現金という「資産の増加」が、貸方には売り上げという「収益の発生」が記入されます。

 

なんとなく、分かりましたか?

そうです! お金の動きの原因結果の2つが記入されていると考えることができます。

仕訳はお金の流れの因果関係

 

借方、貸方どっちに書いたら良いか分からない、、、

つまづくとしたら、たいていこれだと思います。

とりあえず、表にしてみました。

(費用の消滅と収益の消滅はほとんどないのでかっこ書きしてます)

これを見て何か気づくことはありませんか?分かった方はかなりセンスがあります笑

 

これを見てください。

そうです。貸借対照表と損益計算書とばっちり対応しているんです。

仕訳は、貸借対照表と損益計算書を書くために行う作業と言いました。

 

つまり貸借対照表と損益計算書の左右どちらに資産、負債、純資産、費用、収益が書かれているかを覚えてしまえば

資産が増えたから左(借方)!

収益が発生したから右(貸方)!

と反射的に仕訳できるようになります!

 

最後に仕訳のポイントを一つ

資産の増減に注目する!

 

仕訳はお金の流れの因果関係です。

お金=資産です。

つまり、ほとんどの場合、資産が絡んできます。

ということは、資産が増えたからとりあえず左に書く!なんで増えたかを右に書く!

減ったから右に書く!なんで減ったかを左に書く!

 

これで大抵の仕訳は出来てしまいます笑

 

これらの仕訳作業でそれぞれの勘定項目(現金や売上といった項目)ごとに

仕訳をまとめて増減したかどうかを把握する転記という作業をして、

目的だった貸借対照表と損益計算書を作成します。

 

 

もちろん、それ以外にも覚えることはあるのですが、

今話したことが理解できていれば8割理解したといっても過言ではないです!

 

簿記は、誰もがミスの無いようにできるように、かなり合理的にできています。

ある程度のことが分かれば、あとはゲーム感覚で楽しく勉強できちゃいます!

 

簿記だけに集中してできるまとまった時間があるなら、2週間もあれば3級は合格できてしまう人もいるようです。僕は3か月ほどちまちま勉強して取れました!

ぜひ、勉強してみてください!

 

以上、もりりんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました